スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

久しぶりの健康診断

昨日、旦那サンの仕事が休みになったので
ピピンとルチルを連れて健康診断に行って来ました。
昨年は行き損ねたので実に2年ぶり・・・^^;

久しぶりに車に乗せたので
ピピンは終始、落ち着きがありませんでした。
090614.jpg
ピ「ねぇねぇ!バァバんちと方向が違うけど、ドコ連れてくの?」
マ「病院だよ~♪」
ピ「ギクッ

一方、ルチルの方は病院だと知ってか知らずか終始ゴキゲン♪
0906143.jpg
ル「お出かけなら、身だしなみ整えなくっちゃねっ♪」

あれ?ビビリーなルチルはどこへ行った?


しばらく来なかった間に
以前、診てもらっていた鳥担当の先生が退職されてしまったので
今回、どんな先生が診てくれるのかとドキドキしていたら
若い男の先生でした。
きさくで話しやすい先生でしたので
聞きたかったこともスムーズに聞けたし
こちらの話もちゃんと耳を傾けてくれたので安心して任せられました。

で、今回の診断結果なのですが
二人とも便検査でちょっと引っ掛かってしまいました!
ピピンは糸状菌というカビ菌の一種が見つかり
ルチルの方は、長桿菌という菌が正常の範囲より少し多くて
放っておくと今後、体調不良の原因にもなるそうなので
二人とも1週間分の飲み薬を処方されました。
そして1週間後、ウンPだけ持って再検査です。

ピピンは時々、ちょっと元気がなさそうな素振りを見せる事があったので
このカビ菌のせいだったんだな!と思いましたが
ルチルは元気がない素振りはほとんど見せた事がなかったので
ちょっとビックリしました!
でも、どちらも本当に具合が悪くなる前に発見出来て良かったし
一年に一度は健康診断はしておくものだな~とつくづく思わされました!

そして、気になっていた二点がありまして
一点目はルチルの羽なんですが
換羽で抜けた羽を見ると
風切羽の先端が一部分だけ無くなっていたり、ストレス線があったりと
たまに羽の異常が見られていました。
P104038.jpg
つい最近抜けた羽です  

ルチルを我が家に迎えたばかりの頃も羽にストレス線が多くて
栄養不良の為だと、その時は言われて
その後も抜けた羽の様子には注意をしていました。
もちろん青菜やビタミン剤をあげたりして栄養面でも出来るだけ気をつけていました。

全ての羽ではないし、困ったクンと言われるほど元気なので
そんなに深刻には考えていなかったのですが
調べてみると羽の形成異常にはウィルス性の怖い病気もあるようなので
今回は、これまでに見つけた羽を持って先生に見せました。

先生は羽をじっくり観察してくれて、私もどんな言葉が出てくるのかと不安でしたが
ウィルス性のものではなく、やはり栄養不良から来るもので
羽の一部が無いのは、羽繕いしている時にでも
齧っている可能性もあるかもしれないと言われました。
ウィルス性では無いと聞いて少しホッとしましたが
しばらくは病院で処方された栄養剤を飲んで様子をみることに。
これで症状が無くなってくれるといいのですが
齧っているとしたら何故?と新たな疑問も・・・。


そしてもうひとつは、ピピンのポヨちゃん(フェイスバード)に対する愛の求餌問題。
年中ゲロゲロして、いつも口の周りも汚れているし
発情によって引き起こされる病気も心配なので
やはり外した方がいいのかな・・・と真剣に悩み始めていた今日この頃。

でも、実際外すと具合が悪いの?と思うくらい元気を消失してしまうので
なかなか決断出来ずにいました。
そんな事を先生とも相談して出た答えは・・・
やはり外した方がいいとの事。

時々ピピンは、大きなウンPをする事があるのですが(通常の2,3倍位の大きさ)
それも、発情する事によって大きくなった精巣が
他の器官などを圧迫して、それによって便を溜め込み
大きなウンPとなって出てくるのかもしれないと言われました。

もうね、小さい頃からポヨちゃんと共に暮らしてきたピピンの事を思うと
身を切られるような決断なのですが
ピピンの健康を考えてポヨちゃんはカゴから外す方向で考えようかと思います。

ただ、先生も仰られていたのですが
外した事によりストレスが掛かって毛引きなど起こす事もあるので
様子を見ながら徐々に・・・と。

で、今日は朝からピピンとルチルのカゴに付いているポヨちゃんを外して
様子を見ていましたが
やはりピピンは、ず~っと元気がありませんでした(/_;)
0906146.jpg
哀愁漂う背中が私も見ていて切ない・・・。

そしてルチルは、ポヨちゃんの替わりに
カゴにぶら下がっているキーホルダーに対して発情してしまって
新たな問題が!!(>_<)
完全にポヨちゃんと引き離すのはどうやら難しそうです・・・(>_<)
あとは、餌を多く入れないことも発情の抑制に繋がるらしいので
一日に食べる量を計って餌の調節もしていこうかと思います。
どこのお宅でも発情問題に関しては苦労されているようですが
ホントに難しい問題ですよね・・・。

そしてピピンもルチルも体重はこれ以上増やさないでね♪と
優しく先生に言われました(笑)
デブではないけどって・・・(笑)

昨日は鳥を連れた飼い主さんがたくさん居ました♪
なかでもオカメちゃんが多かったかな?
オカメインコのホッペのまん丸って可愛い~♪


病院から帰ってきて、ホッとしたのか二羽仲良く羽繕い。
0906144.jpg
ル「あちこち触るから、せっかく整えた羽が乱れちゃったですよ!」
ピ「ボクは怖くて動けなかったです・・・」



まとまりのない長文となってしまいましたが
ここまで読んで頂きありがとうございました!

あっ、今、雷雨がスゴイです!!
キャ~!落ちないでね~(>_<)

ジャンル : ペット
テーマ : セキセイインコ大好き

[ 2009/06/14 15:00 ] インコ | TB(0) | CM(7)
こんばんは
健康診断、お疲れ様でした!
同じ県なのでもしかして病院も同じ…?と思いましたが、
どうやら違うようで…ざんねーん^^;
問題が少しあったようですが、早期発見が何よりですもんね!
その点ではよかったと思います^^
ピピンちゃんもルチルちゃんも、お薬でイヤな菌をやっつけ
ちゃおうねっ!o(`・д・´)o

発情問題…わかりますぅ~。。。難しいですよね。
うちも苦労してます。とりあえず睡眠時間は12時間しっかり
寝かせるようにしたいんですけど、日は長いし私は朝早いので、
この時期は少し欠けちゃってますねぇ。
怖がる程ではないけど好きではないおもちゃを入れたりも
たまにしてます。軽いストレスを与えるということで…。
カナリーシードも抜いたほうがいいみたいですよね。
でも全部やっても完全に抑えるは難しいらしく…やれやれです(-_-;)
[ 2009/06/14 23:18 ] [ 編集 ]
こんばんは☆
健康診断って大切ですよね。
気が付かないでいるところもいっぱいあるし。
うちも最近行ってないので健康診断行こうかなと思いました。高齢だし何があってもおかしくないので。

ポヨちゃん、うちも以前につけていましたが同じように発情が激しくて外したことがありました。
でもピピンちゃんの背中がなんか寂しそうですね。早く慣れてくれると良いんですが。

今回、健康診断に大切さを実感しました☆
[ 2009/06/14 23:54 ] [ 編集 ]
すじ母さんへ

すじ母さん、こんにちは♪
行こう行こうと思いながら2年ぶりの検診となってしまいましたが
やはり最低でも年に1回の健康診断は必要ですね!
今回、ルチルが便検査で引っかかったのは
いつものルチルの様子からは全く想像付かなかったですもん!(^^ゞ
体調が悪くなる前に見つけられて本当に良かったです(^^)

すじ母さんちのインコズちゃんは、どこの病院へ行ってるのかな?
とりあえず我が家は
近所の鳥も診られる(院長先生は鳥に詳しいみたいです)動物病院へ行っているのですが
埼玉にも鳥を診てくれる病院が結構あるんですよね?
他の病院の情報も色々と知りたいので、もし良かったら今度
コメント欄でもメールフォームでもご都合のいい方で構いませんので
教えて頂けると有り難いです<(_ _)>

発情問題は、ホント!難しいですね(>_<)
やはり、すじ母さんちもご苦労されているんですね!
家々によって飼育環境も違ってきますから
対策の全てを実行するのも、なかなか難しい事ですよね(>_<)

カナリーシードを抜いた方がいいというお話は
私も耳にした事があって、ずっとそうなんだ!と思っていたのですが
ブログでお世話になっているお友達から
カナリーシードを抜いた餌を食べさせていても発情するという事を聞きました。
なので、抜いたから発情が治まるという事でもないのかな~?なんて
今は思っているのですが、どうなんでしょうね?^^;
飼育環境が違うようにインコ達の性質もそれぞれ違いますから
どれが自分の仔に効果があるのか
やはりあれこれ試すのが一番なのでしょうね。

苦手なオモチャを入れて軽いストレスですか!
ん~・・・そんなオモチャあったかな~?
見つけたら試してみます♪
教えて頂きありがとうございました~(^^)
[ 2009/06/15 12:18 ] [ 編集 ]
mokoさんへ

mokoさん、こんにちは♪
そうですね!健康診断って本当、大切ですね!
いつも便の状態は確認していましたが
見た目だけでは分からない部分があるので
そこはやっぱり、お医者さんの判断が必要となりますね。

リュウタ君も以前、ポヨちゃんに発情が激しかったんですね!
外した後は、発情も治まってくれましたか?
昨日のピピンは、あまりにも元気がなくて私もとても見ていられなくなったので
夕方から取り付けました^^;
すると見違えるほど元気になりましたよ^^;
もちろん付けた途端、ゲロゲロしてましたけどね^^;

昨夜、旦那サンとも話したんですが
ピピンが小さい頃から付けていた物なので
今になって外すのは、かなり難しいかもしれません。
かなり執着しているようです。
それにルチルも別の物に発情してしまったので
様子を見ながら調整していこうかと思います(^^)
[ 2009/06/15 12:41 ] [ 編集 ]
鳥専門の病院が・・・
健康診断、お疲れ様です!
ルチルちゃん、ピピンちゃんの悪い菌が早く退治出来るといいですネ
うちのインコーズも年に1度は健康診断に連れて行ってやりたいのですが、鳥専門の病院がないのですよ!だいぶ、探したのですが・・・
今、行っている病院は普通の動物病院で比較的に鳥にお詳しいという先生で、正直、専門ではないのです・・・
でも、優しくてとっても丁寧な先生なのでそこにしているのですけどネ。
ですから、メガバクやPBFDなんかの検査をまだ、精密に受けたことがないのですよ。
少し前までは必死にネットなどで探したり、電話帳を片っぱしから電話をかけまくったりしましたが、今はもう諦めました。インコーズには悪いのですが・・・
でも、ご安心ください。普通の便検査は毎年行ってまして今のところ異常はないようです。
ちょっとは長くなりましたネ
ルチルちゃんの発情もおさまればいいですよネ!^^
[ 2009/06/16 19:13 ] [ 編集 ]
ヒデシャンさんへ

ヒデシャンさん、こんにちは♪
ありがとうございます!
ピピンの方はもしかして?という予兆はあったので
やっぱりな・・・という結果でしたが
ルチルの方は元気すぎるほど元気な仔なので
腸内の菌のバランスが崩れていると先生から聞いた時は思わず聞き返してしまいました^^;
やはりちゃんと検査してもらうのって大事な事なんだな~と改めて思わされました!

鳥専門の病院は首都圏には結構あるようですが
地方となると本当に少ないですよね!
でも、そんな首都圏に住んでいる私でも
何かあった時にすぐに連れて行けて
かつ私一人でも無理なく通える所となると
鳥専門で有名な病院には、なかなか通える距離ではないので
私もタウンページやらネットやらで色々調べて
今、お世話になっている病院を見つけましたよ。
院長先生だけが今は鳥専門らしいのですが(他の先生も診れますが)
まだ院長先生には診てもらった事がないのです^^;

ヒデシャンさんが通われている病院の先生は
以前、ヒデシャンさんのブログの記事を拝見したとき
いい先生だな~と私も感じましたよ!
出来れば鳥専門というのが良いのかもしれませんが
先生が、どれだけその仔の事、そして飼い主の事を思って診てくれているのか?
というのが、一番、大事な事なんじゃないかと私は思っています。
インコーズちゃんも、毎年ちゃんと便検査をしているんですね!
さすがヒデシャンさん!
私も毎年、検診は行こうと思います!

発情対策は、様子を見ながら無理のないようにして行こうかと思っています。
応援ありがとうございます(^^♪
[ 2009/06/17 12:09 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/06/17 22:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。